ミミズコンポスト観察日記−3

我が家で飼育を始めたミミズコンポストについての続報です。

過去記事

blog.forest-sparrow.com


blog.forest-sparrow.com

 1週間後

f:id:forest-sparrow:20190102130903j:plain

シマちゃんたちは、大半無事ご存命でした。わかっている範囲で、箱から逃げ出して逃げ出したのが1匹、上蓋にへばりついていたのが2〜3匹、その他は、土の上で10匹程度見つけることが出来ました。これは、餌が不足と判断し、えさやりを開始してみました。庭の落ちている柿を投入してみました。

2週間後

f:id:forest-sparrow:20190102130859j:plain

またまた、お亡くなりになられたシマちゃんを1匹発見。壁にへばり付いて、干からびていました...

柿はまだ残っているが、さらに柿と落ち葉を投入し、様子を見ることとした。

シマミミズは、腐敗有機物を主食とするが、冬の寒さの為、腐敗が進まない事が原因なのでしょうか。

3週間後

f:id:forest-sparrow:20190102130855j:plain

シマちゃんご存命!!

ただ、なんとなく土の量が減っている気がする...

これはきっと良くない。落ち葉とダイソーで買った100円腐葉土を投入。なんだかダイソー腐葉土は、売り場でコバエが湧いていたので、ちょっと微妙かな!?

詰めすぎて、コンポストがパンパンになってしまった。

4週間後

パンパンになったコンポストをほじると、シマちゃんを見つける事ができました。但し前回投入した生ゴミが、腐敗した形跡もなく残っていました。さすがにこれは写真に写せない。やっぱり外で飼うのは、厳しいのかも...

これから、1年中で一番寒い時期に突入します。ミミズコンポストが、ただのコンポストにならない事を、心より祈るばかりです。

ちょっとずつ紅茶の葉っぱ等の餌を与えながら、様子を見ることとします。

 

 

暖かくなったら、また報告します。