ぎふ清流里山公園はタダで十分楽しめる

「ぎふ清流里山公園」皆さんご存知ですか。場所は、岐阜県美濃加茂市東海環状自動車道美濃加茂I.Cの近くにあります。

f:id:forest-sparrow:20190113215505j:plain

旧名称は、「日本昭和村」と言った名前で運営されていましたが、2018年4月に名称が、「ぎふ清流里山公園」と名称が変更になり、更に入場料も無料になりました。

まず最初にお出迎えをしてくれるのが、「大樹の遊具」という名前のジャングルジムです。

f:id:forest-sparrow:20190113215450j:plain

これは、昔に来た時にはなかった遊具です。

公園内を散策してみた。

去年まで、「日本昭和村」という名称で運営されていたこともあり、昭和初期を彷彿させる建物がたくさんあります。

今の子供達はシルクの作り方なんて知らないと思うので、「かいこの家」なんて建物も非常に勉強になります。

また、登り窯や炭焼き小屋なんて建物も勉強になります。

f:id:forest-sparrow:20190113215439j:plain
f:id:forest-sparrow:20190113215429j:plain

 

また、有料にはなりますが、いろいろな体験も出来ます。

  • 和紙クラフト体験
  • せんべい手焼き体験
  • 豆腐、こんにゃく作り体験
  • そば打ち体験
  • オルゴール作り体験
  • 陶芸教室

等々楽しめます。そば打ち体験や陶芸教室なんてオヤジ心をくすぐります。

お食事処もたくさんあり、「しょうゆ団子」という名前のみたらし団子も売られています。(高山で売られているみたらし団子は、しょうゆ味で全く甘くありません。関西の方が食されると、間違いなくびっくりする味です。)

f:id:forest-sparrow:20190113221107j:plain

 

物販スペースには、「トトロのおみせ」の看板が立てかけられているお店もありました。

f:id:forest-sparrow:20190113220328j:plain

確かに、この子園の時代背景は、となりのトトロの頃の時代の再現のようです。

てくてく散歩をしていくと棚田があります。人の服を着せたカカシが、何体も立っており、夜見たらきっとものすごく怖く見える、シュールな棚田です。

f:id:forest-sparrow:20190113220315j:plain

公園の一番奥には、さとやま農園、どうぶつ牧場や里山ふれあい牧場があります。

さとやま農園では、藁で作られた真実の口や藁で作った迷路がありました。

f:id:forest-sparrow:20190113220300j:plain

 

その奥には、どうぶつ牧場があり、馬やヤギと会うことができます。

f:id:forest-sparrow:20190113221446j:plain
f:id:forest-sparrow:20190113221430j:plain

その奥に、さとやま牧場があるのですが、閉鎖されて白い粉が撒かれ、千羽づるが折られていました。

f:id:forest-sparrow:20190113221530j:plain

そういえば、去年のあるニュースを思い出しました。「豚コレラ問題」です。

この辺りの地域では、イノシシの豚コレラが蔓延して大問題となっていました。

ここで飼われていたミニブタ「とん平」・「とん吉」は、感染していないにも関わらず、大人の事情で殺処分されました。いろんな事情があるにせよ、コレラに感染していない生き物を殺処分しなくてはならない事情って・・・

ただただ、ご冥福をお祈りいたします。

悲しい話はさておき、ゴーカートやおもしろ自転車、芝すべり等一般的な遊園地に有りがちな遊具もあります。

f:id:forest-sparrow:20190113222045j:plain

その他、デイキャンプ場や、ドックランもあります。そういえば、公園内でやたら犬を連れている家族が多いのも、ドックランがあるからだと気付きました。

帰りは、地元新鮮野菜の販売所や岐阜県特産品の売店で、お買い物をして帰るのが一般的な流れのようです。

f:id:forest-sparrow:20190113222033j:plain

時間があれば、「里山の湯」で、一風呂浴びていっても良いかと思います。

f:id:forest-sparrow:20190113222022j:plain

最後に

入場料が有料だった頃には、見向きましなかった公園でしたが、無料になって自由に入れるようになった事で、いろんな体験が出来る事を知りました。

また、散歩をするだけでも、1時間程度はかかる為良いお散歩コースになります。

暖かくなったら、また散歩に来てみようかなと思いました。

ただ、ミニブタ「とん平」・「とん吉」の事だけは残念に思いましたので、もう二度と殺処分なんて不幸が起きないよう、最善の未然防止策を検討して頂きたいと思います。