2019年ヤーコン栽培

今年より、試験栽培を始めてみたヤーコンの栽培記録です。

目次

ヤーコンとは

ヤーコン(英: Yacón、学名:Smallanthus sonchifolius)はキク科スマランサス属(英語版)[1]の多年草。根にフラクオリゴ糖(英語版)が多く、ナシのような食感と甘みがあり、食用にされる。ヤーコンを「アンデス・ポテト」と呼ぶ例もあるが、同じくアンデス産のジャガイモと紛らわしく、不適当である。

(以上 ウィキペディアより抜粋)

 ラクオリゴ糖って何?

ラクオリゴ糖とは、オリゴ糖の一種で、「糖として吸収されない」「腸内フローラを改善する」「ミネラルの吸収を助ける」働きがあります。(株)明治のホームページに詳しく書いてありますのでリンクを貼っておきます。

www.meiji.co.jp

 

ヤーコンの育て方

f:id:forest-sparrow:20190616205738j:plain

株式会社 花の大和といった名前の会社のヤーコンの種芋を購入しました。

種芋に付いていた説明によると、

植え付け前の準備

・植え付け時期は3月中旬〜4月下旬です。霜が降りなくなった頃が目安になります。

・地植えの場合:日当たりの良いところに植え付けてください。土は水はけの良い柔らかい土壌が適します。元肥は堆肥を植え付けの1〜3週間前に施してください。

プランター、鉢植えの場合:深さが30cm以上のやや大きめのプランターであれば十分です。土は市販の培養土に堆肥を混ぜたものを使用してください。

植え付けと管理

畝幅は90cm位、株間は60cm以上、畝は高め(30cm前後)に植え付けます。プランター、鉢植の場合、1芽あたり30cmX30cm程度株間を取って下さい。植え付け後は根付くまで水をしっかりと与えます。水はけ・水切れ生育に影響する為、注意して下さい。8月から芋の成長期ですので追肥として化成肥料や堆肥をしっかりと施し、しっかりと土寄せをして下さい。

収穫

11月初旬から収穫出来ます。水分の多い果実野菜で皮が薄く傷つきやすい為、出来るだけ傷を付けないよう丁寧に掘り起こして下さい。しっかり育つと、1株から10〜15個位収穫出来ます。

ワンポイント

掘りたての芋はあまり甘みがなく、皮のあたりは少し苦味を感じます。1週間ほど置きますと、フラクオリゴ糖が分解して出来た糖により甘くなります。

 

と書いてありました。

 

3月20日植え付け

説明書通りに90cm幅の畝を作り60cm間隔で、10cm程度の深さで植え付けを行いました。

しかし、GWになっても発芽しません・・・

これは何かを失敗したのでしょうか??遅霜にやられてしまったのでしょうか。

5月31発芽確認

 ほぼ諦めかけていたのですが、5月31日に畑を見に行くと、雑草の茂みの中でちゃんと発芽していました。

ヤーコンの芽 

f:id:forest-sparrow:20190616205724j:plain

中間報告

初めての栽培なので、どう育っていくか全くわかりませんが、無事発芽してくれて良かったです。私の栽培地域は中間地ですので、3月の植え付けは早すぎたのかもしれません。遅霜の心配のない4月10日以降が、植え付けの目安でしょうか。来年はもっと遅くに植え付けを行おうと思いました。